FC2ブログ

カナダ発!サバイバル日記

こんにちわ!『カナダ発!サバイバル日記』へようこそ!このページでは、毎日の生活の中で自分自身が感じた事、体験した事を通じて、現地の情報だけでなく、日本のホットなニュースも英語と交えて紹介。その他、人々が日常的に使うフレーズや言い回しなどもバシバシ紹介しています。 また、今後留学を考えている方、英語に興味がある方、海外で友達を作りたいと思っている方などのお役に立てるように、完全無料のカウンセリングも絶賛受付中です。 「英会話ができるようになると、世界が広がります。皆さんバンクーバーへ来てください。」私にそのお手伝いができれば幸いです。
カナダ発!サバイバル日記 TOP  >  役立ちフレーズ

Vol.66「どうぞご自由に〜」と英語で言いたい時の4フレーズ

「どうぞご自由にお使いください。」や「どうぞご自由にお召し上がりください。」などと英語で言いたい時は、シチュエーションによって言い方が変わります。ということで、今日は「どうぞご自由に〜」と英語で言いたい時の4フレーズを紹介します。



 delicious



Be my guest
something you say when you give someone permission to do or use something.


直訳すると「私のゲスト(お客様)になってください」となりますが、要するに誰かに何かを使ってもいいか、してもいいか聞かれた時に、「どうぞご自由に」と言いたい時に使えるフレーズです。他にも「奢らせてください」という意味で使われることもあります。



A: May I use your phone?
あなたの電話を使ってもいいですか?


B: By my guest.
どうぞご自由に。



Help yourself (to something)
take some of what you want, without asking permission. 


直訳すると、「自分自身を助けなさい」となりますが、ゲストをディナーなどに招いた相手に、「どうぞ遠慮せずにご自由に召し上がり下さい」と言いたい時に使えるフレーズ。要するに「セルフサービス」ですね。to の後に自由に食べてもいい「何か」が入ります。



A: Thank you for having us tonight.
今夜は招待してくれてありがとう。


B: You are welcome. I made a special dinner for you. I will leave it here so help yourself.
どういたしまして。特別なディーナーを用意しましたよ。ここに置いておきますから、どうぞご自由に召しあがってください。



Make yourself at home
to relax and make yourself comfortable in someone else’s home.


このフレーズは、「どうぞご自由に飲み物を飲んだり、好きな食べ物を食べたり、テレビを自由に見てください」→「まるで自分の家にいるようにゲストにくつろいで欲しい」といった時に使えるフレーズです。


A: May I have some water?
お水をいただけますか?


B: No need to ask me. Please make yourself at home.
そんなこと聞かなくていいよ。どうぞご自由にくつろいでください。



Feel free (to do something)
have no hesitation or shyness (often used as an invitation or for reassurance)


このフレーズは、「(躊躇する、恥ずかしがらずに)遠慮なくご自由に」という意味になります。このフレーズはフォーマルな文面でもよく出てきます。


A: Thank you for helping me out.
助けてくれてありがとう。


B: No worries. If you have any questions or concerns, feel free to contact me anytime.
心配しないで。もし質問などがあったら、ご自由に(お気軽に)連絡ください。





[ 2018年02月08日 06:00 ] カテゴリ:役立ちフレーズ | TB(0) | CM(0)

Vol.20 別れのあいさつのフレーズ集

Hi! How are you doing? 今回は別れの挨拶のフレーズをご紹介します。
今回は沢山言い回しがあるので、一般的なものを省いたフレーズを厳選して紹介します。


 
Have a good one
意味は「良い一日を」ですが、このフレーズは一日のいつでも使える便利なフレーズです。迷った時はこれを使えば間違い無いでしょう。覚えたての時は便利すぎて頻繁に使っていました。時制を関係なく使えますが、夜はやはり”Have a good night" 「おやすみなさい」をよく使います。



Enjoy the rest of your day
意味は「残りの一日も楽しんでね」という意味です。レストランのサーバー(ホール)がよく使っているのを耳にします。もちろん"Enjoy the rest of your night" とも言えます。フォーマルからカジュアルまで使えるフレーズです。”Enjoy your meal" 「食事をお楽しみください」や"Enjoy your trip" 「良い旅行を」など"Enjoy your ~(名詞) で様々な言い換えも可能です。



(I will) see you in a bit
意味は「また後で」という意味です。"(I will) see you later"(また後で)は頻繁に使われるフレーズですが、次に会うまでの時間が短い時にこのフレーズは使えます。これが知らなかった頃、「イナビ?!(in a bit と理解できなかった)なんだそれは」と思いどのように答えたらいいかドキマギした記憶があります。" In a bit" だけいう人もいますが、これは友達など関係が親密な時には使えるフレーズですね。
 


(I will) catch you later
これも意味は「またあとで」になりますが、これは"See you later" と同じ使い回しと捉えても間違いはないと思います。カジュアルな言い回しなので、友達や気の知れた関係内で使うことをお勧めします。



今日はいつもと違う言い方で別れの挨拶をしてみてはいかかでしょうか?なかなか新鮮な気持ちになりますよ。
 

That's all for today! Have a good one! 



質問などありましたらコメント欄にどしどしお寄せください。またご意見、ご感想などもお待ちしています。メールアドレスに直接メッセージして頂く場合は、survival.eikaiwa@gmail.comまでお気軽にお問い合わせください。


このエピソードは、Facebook「カナダ発!使えるサバイバル日常英会話 Vo. 4  別れの挨拶」から転載されています。

ページはこちらから→「カナダ発!使えるサバイバル日常英会話 - Facebook


[ 2017年11月12日 06:00 ] カテゴリ:役立ちフレーズ | TB(0) | CM(0)

Vol.2 Nice to meet you

第2回目は、基本フレーズ  Nice to meet you (はじめまして)を勉強していきたいと思います。

前回のHow are you に引き続き、会話するときには欠かすことのできないフレーズですね。初めて会った時に相手に使うフレーズですが、その他にも状況に応じて色々な言い方やその意味があるのを皆さんご存知でしょうか?

これは私がオーストラリアにホームステイしていた時の話です。

ある日ホストファミリーの親族が遊びに来ていた時、私はこのフレーズを最初の挨拶で彼らに使いました。

伝わってホッとしたのもつかの間、彼らはリビングでくつろぎはじめました。当時私は全く英会話に自信がなかった為、その後彼らの会話の輪に加わることができず、自分の部屋で一人の時間を過ごすことに決めました。

しばらくすると彼らがエントランス付近で喋っていたので、別れの挨拶だけしておこうと思い部屋から出ました。そして彼らは私に It was nice meeting you と言ったのです。

そのときに「もう初めましてって挨拶したのになぜもう一回言われたんだ?」と不思議に思い、別れの「挨拶のフレーズ」を知らなかった私にとって、もう一回言う事で他人を見下す嫌味な表現なのかもしれないと考えすぎて落ち込んだ記憶があります(笑)

そんな事では無いと言う事はかなり後になって知りました。それでは一緒に勉強していきましょう。

まずは、Meet と See 違いを頭に入れておく必要があります。

Meet は「初対面の人と会う、約束をして会う」時に使用されるのに対して、See「一度すでに会ったことがある人と会う」という違いがあります。


出会った時
( It is ) nice to meet you
「初対面の人と会った時」に使います。返しとしては、( It is ) nice to meet you too  が適切でしょう。ほかにも ( It is a ) pleasure to meet you という言い方もありますが、これはフォーマルな言い方で「お目にかかれて嬉しいです」というようなニュアンスがあるので、目上の人などに使ってみましょう。

( It is ) nice to see you (again)
「一度すでに会ったことがある人と会った時」に使います。Again をつけることで「また会えて嬉しいです」というようなニュアンスがあります。他にも nice を good や great  に変えて、( It is ) good to see you  ( It is ) great to see you と言うこともできます。


別れる時
別れるときはそれぞれmeetseeの後にingをつけます。なぜ進行形なのかというと、これらのフレーズを使っているときに「すでに相手と一緒に時間を過ごしている」からです。

( It was ) nice meeting you
「初対面で会った人に対して、別れの時」に使います。( It was a ) pleasure meeting you 先ほどと同じように nice の代わりに使うことができます。
 
( It was ) nice seeing you ( again ) 
「一度すでに会ったことがある人に対して別れの時」に使います。again をつけることで「また会えて嬉しかった」というようなニュアンスがあります。先程と同様 nice を good や great  に置き換え、( It was ) good seeing you ( again ) ( It was ) great seeing you ( again ) ることも可能です。


今日は新しい言い方で「相手に会えて嬉しい!」と言う気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

That's all for today! Have a good one and I will catch you later!
 

カナダ発!使えるサバイバル日常英会話
survival.eikaiwa@gmail.com
[ 2017年10月19日 06:34 ] カテゴリ:役立ちフレーズ | TB(0) | CM(0)

Vol.1 お元気ですか?

英会話をする上で欠かすことのできない挨拶。「元気ですか?」と相手を思いやることで、その後の会話が弾むか弾まないか決まると言っても過言ではありません。今回は日本の英語学習者がなかなか知る機会のない、ネイティブがよく使う挨拶の表現をまとめてみました。




How are you doing?
How are you? 同様、どのようなシチュエーションでも使える鉄板のフレーズです。これを使っておけば間違いは無いでしょう。



How's it going ?
 すでに相手を知っている時にこのフレーズは使います。久しぶりに相手に会い、「最近どう?」という意味も含まれるので初対面では使うと少し違和感があるでしょう。



How is your day going?
このフレーズも相手が親密な時に使います。「今日の調子どう?」という意味が含まれます。今日の調子という事なので初対面では使いません。他にも、

  •  How is your day treating / bringing you?
  •  How is your day coming along? 


などとも言ったりします。なかなか聞きなれなくないですか? なかなか粋な言い方ですよね。



What's up?
このフレーズはかなりカジュアルな言い回しですので友達同士などで使うといいですね。イメージとしては「調子どうよ?」みたいな感じなので、上司には使わないようにしましょう。



What have you been up to ?
このニュアンスは「今までなにしてた?」という感じですね。久しぶりに会った時などにこの表現は使えます。似たような表現として How have you been ? というのもありますが、その表現はup toは通常つけませんが意味は同じです。




ご質問やご意見、ご感想などもお待ちしています。メールアドレスに直接メッセージして頂く場合は、下記のアドレスまでお気軽にお問い合わせください。 

I will catch you later! Have a good one!

============================================

カナダ発!使えるサバイバル日常英会話

survival.eikaiwa@gmail.com

============================================

[ 2017年10月17日 18:55 ] カテゴリ:役立ちフレーズ | TB(0) | CM(0)
Profile

まなぶ

Author:まなぶ
筆者: まなぶ
2007年から約一年Australia のCairnsに留学をし、海外に魅了され、2009年にCanadaのVancouverに移住。学生から始まり、アルバイトやボランティア活動に精を出し、様々な経験を重ね、現在カナダの会社で働く一児のパパ。2010年に国家資格TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages) 取得。

ご質問、悩みなど下記のメールアドレスにどんなことでも結構ですのでご連絡ください。

survival-eikaiwa@gmail.com

ランキング
目指せトップ10!クリックお願いします! ↓↓↓