FC2ブログ

カナダ発!サバイバル日記

こんにちわ!『カナダ発!サバイバル日記』へようこそ!このページでは、毎日の生活の中で自分自身が感じた事、体験した事を通じて、現地の情報だけでなく、日本のホットなニュースも英語と交えて紹介。その他、人々が日常的に使うフレーズや言い回しなどもバシバシ紹介しています。 また、今後留学を考えている方、英語に興味がある方、海外で友達を作りたいと思っている方などのお役に立てるように、完全無料のカウンセリングも絶賛受付中です。 「英会話ができるようになると、世界が広がります。皆さんバンクーバーへ来てください。」私にそのお手伝いができれば幸いです。
カナダ発!サバイバル日記 TOP  >  イディオム

Vol.94 in some form の意味は?(トランプ大統領の退任式のスピーチにて)

少し前の話になりますが、トランプ氏が今月の20日の大統領退任式で語ったこの言葉をおぼえているでしょうか?

We will be back in some form.
我々は何かしらの形で戻ってくる


in some form 
何かしらの形で


期間が漠然としていて未定である時に使えるフレーズです。

似たような類似語としては、either way (どちらにしても), one way or another (何らかの方法で、いずれにせよ), somehow or other (なんとかして) などがあります。

いつかは約束できないが、何かしらの形で必ず公の場に復帰するぞというトランプ大統領の意思を感じますね。

in some form の後に、another や other をつけて、in some form or another, in some form or other とすることもできます。


We have no doubt that he will be back in some form or another. 
きっと彼は何らかの形で戻ってくるに違いない

We promised them to use it in some form or other.
私たちは彼らに何らかの形でそれを使用すると約束した


I will be back! といえば、アーノルドシュワルツェネッガーのせりふとして有名ですが、さすがにトランプ大統領も「絶対戻ってくる」とは言い切れませんでしたね。




[ 2021年02月01日 09:00 ] カテゴリ:イディオム | TB(0) | CM(0)

Vol.93 ”Rob Peter to pay Paul” の意味

Rob Peter to pay Paul
借金をして借金を返す

Robは「盗む、強奪する」という意味で、「Paulに(借りていた借金を)払う為に、Peterから借りる(奪う)」となる為、「借金をして借金を返す」となります。

ある日、このイディオムを覚えようと頑張っていたのですが、なかなか覚えられず苦戦していました。
Rob Paul to pay Peter や、Rub Peter to pay Paul など(なんでこするRubやねん!)と覚えてしまったのですが、何度かこのフレーズを口ずさむ内にあることに気づいてしまったのです。

あれ?「ぴぷぺぽ、ぴぷぺぽ言っている!」

そう、ぴぃーは Peter、ぷぅーは to、ぺぇーは pay、ぽぉーは Paul ですよね?(かなり強引ですが

ぱぴぷぺぽのように、ロォーピープゥーぺぇーポォーと言うとすぐ覚えられますよ(笑)



[ 2021年01月31日 09:00 ] カテゴリ:イディオム | TB(0) | CM(0)

Vol.91「いきなりそんな事言わないで!」は英語で?

"Don't spring such a thing on me!"

spring を使ったフレーズの中に、”Spring something on somebody”というイディオムがあります。これは、「(話などを)急に持ち出す、言い出す、だしぬけに言う、提案する」という意味があり、何の準備も前触れもなく、相手が予想だにしない重要な事を強調する時によく使われます。

He sprung a surprise on me.
彼は私を突然驚かした。

I sprung a good idea on my boss.
私の上司に良い考えを急に持ち出した。






[ 2021年01月26日 19:26 ] カテゴリ:イディオム | TB(0) | CM(0)

Vol.84 You never know は、「あなたは絶対しらない」という意味なのか?

You never know を直訳すると、「あなたは絶対しらない」となります。
しかし、ネイティブのカナディアンはそのような使い方をしません。実はシチュエーションによって色々な意味を持つフレーズなのです。こ



You never know
You can never be certain: it is impossible to predict.

you never know 


確定できないものや確信を持てない、また、予期するのが不可能な時にこのフレーズを使います。

なので、意味は



先の事は誰にもわからない

それはどうだか

そんな事やってみないとわからない



などといろいろな解釈ができます。


Example:

You never know until you try it.
やってみないとわからないよ

You never know what could happen in the future.
未来のことは誰にもわからない



Dialog:
A: My final interview turned out to not go through. I don’t know what to do next.
結局、最終面接通らなかったよ。次にどうしたらいいかわからないよ。


B: I hear you. But why don’t you try one more time? You never know. You might get another chance.
わかるよ。でももう一回トライしてみたら?チャンスをもう一度もらえるかもしれないよ。

  


~~「完全無料」の留学カウンセリング好評受付中!~~


 あなた自身やあなたのお友達で留学を考えているがまだ悩んでいる、バンクーバーの語学学校の情報を知りたいなどさまざまなお悩みをお聞かせください。自身の海外生活10年以上の経験と、ネットワーク(多数のサポートチーム)であなたをサポートします。「バンクーバーは美しい場所です。あなたにもその魅力を伝えたい、そしてそんな恵まれた場所で、あなたの留学の成功を無料でサポートしたい」私たちのチームはそんな思いで毎日様々なメールに真摯にお答えしています。


あなたからのご連絡お待ちしています。


カナダ発!サバイバル日記

筆者 谷口 学

survival.eikaiwa@gmail.com





[ 2018年03月06日 06:00 ] カテゴリ:イディオム | TB(0) | CM(0)

Vol.82「服を着こむ、厚着する」は英語で?

「服を着込む、厚着する」と英語で言いたい時、あなたなら何と言いますか?



Bundle up (phrasal verb)
to put warm clothes on yourself or someone else, or to wrap someone in something warm


warm 



bundle は、束や包みなどのかたまりや組を意味するので、服を束のように着込む、厚着するとなります。自分が寒い日などにしっかり洋服を着こむ時、誰かが外出する時に「しっかり厚着していきなよ!」などと助言したい時などに使える口語的な表現です。

バンクーバーは、一時期は暖かかったのですが、ここ最近また寒さが一段と厳しくなってきました。雪も積もっています。こんな時はしっかり bundle up しないといけませんね。



Example:

Bundle up before you go outside.
外出する前に厚着していきなよ。


I should bundle myself up tomorrow, because it is going to snow.
明日は雪だから着こんでいかないと。



Dialog:

A: I can't find your kids. Where are they?
あなたの子供達見つからないわ。どこに行っているの?


B: They are at the playground. 
運動場にいるわよ。


A: It is freezing out there! Are they ok?
外はかなり寒いわよ!彼らは大丈夫なの?


B: They should be. I bundled them up before sending them out to play. 
大丈夫なはずよ。外に遊びに行かせる前に十分に着込ませたから。





~~「完全無料」の留学カウンセリング好評受付中!~~


 あなた自身やあなたのお友達で留学を考えているがまだ悩んでいる、バンクーバーの語学学校の情報を知りたいなどさまざまなお悩みをお聞かせください。自身の海外生活10年以上の経験と、ネットワーク(多数のサポートチーム)であなたをサポートします。「バンクーバーは美しい場所です。あなたにもその魅力を伝えたい、そしてそんな恵まれた場所で、あなたの留学の成功を無料でサポートしたい」私たちのチームはそんな思いで毎日様々なメールに真摯にお答えしています。


あなたからのご連絡お待ちしています。


カナダ発!サバイバル日記

筆者 谷口 学

survival.eikaiwa@gmail.com


[ 2018年02月24日 06:00 ] カテゴリ:イディオム | TB(0) | CM(0)
Profile

まなぶ

Author:まなぶ
筆者: まなぶ
2007年から約一年Australia のCairnsに留学をし、海外に魅了され、2009年にCanadaのVancouverに移住。学生から始まり、アルバイトやボランティア活動に精を出し、様々な経験を重ね、現在カナダの会社で働く一児のパパ。2010年に国家資格TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages) 取得。

ご質問、悩みなど下記のメールアドレスにどんなことでも結構ですのでご連絡ください。

survival-eikaiwa@gmail.com

ランキング
目指せトップ10!クリックお願いします! ↓↓↓