そんな中、一人の犠牲者の父 フレッド・ガッタンバーグが、彼の娘ジェイミーを失った悲しみを涙ながらに訴えた動画がソーシャルメディアで取り上げられていましたのでそちらを紹介します。→ Father's Gun Violence Plea



This makes no sense. This is impossible. My girl, my 14-year-old baby. She was supposed to be safe. 

全く理解できない。これは不可能だ。私の娘、14歳の愛しい娘。彼女は無事なはずだった。


My job is to protect my children and I sent my kid to school. Jamie was such a special kid. All of the kids here are. 

私の仕事は自分の子供たちを守る事で、私は学校へ子供を送ったんだ。ジェイミーはとても特別な子供だった。ここにいる全員の子達のように。


What is unfathomable is Jamie took a bullet and is dead. 

何が全く理解できないのかというと、Jamie は銃弾を受け、死んでいるという事だ。


I... I don't know what I do next. My wife is home. We are broken. But I can tell you: Don't tell me there's no such thing as gun violence.

私は...私は次に何をしたらいいのかわからないよ。妻は家にいる。私たちは失意のどん底だ。ただしこれは言える。「銃による暴力がないなんて言わないでくれ」



現在アメリカの銃規制に対して多くの国民が疑問を投げかけています。未来を担う子供達の命をこれ以上このような形で奪って欲しくはないですね。



~~「完全無料」の留学カウンセリング好評受付中!~~


あなた自身やあなたのお友達で留学を考えているがまだ悩んでいる、バンクーバーの語学学校の情報を知りたいなどさまざまなお悩みをお聞かせください。自身の海外生活10年以上の経験と、ネットワーク(多数のサポートチーム)であなたをサポートします。「バンクーバーは美しい場所です。あなたにもその魅力を伝えたい、そしてそんな恵まれた場所で、あなたの留学の成功を無料でサポートしたい」私たちのチームはそんな思いで毎日様々なメールに真摯にお答えしています。


あなたからのご連絡お待ちしています。


カナダ発!サバイバル日記

筆者 谷口 学

survival.eikaiwa@gmail.com