FC2ブログ

カナダ発!サバイバル日記

こんにちわ!『カナダ発!サバイバル日記』へようこそ!このページでは、毎日の生活の中で自分自身が感じた事、体験した事を通じて、現地の情報だけでなく、日本のホットなニュースも英語と交えて紹介。その他、人々が日常的に使うフレーズや言い回しなどもバシバシ紹介しています。 また、今後留学を考えている方、英語に興味がある方、海外で友達を作りたいと思っている方などのお役に立てるように、完全無料のカウンセリングも絶賛受付中です。 「英会話ができるようになると、世界が広がります。皆さんバンクーバーへ来てください。」私にそのお手伝いができれば幸いです。
カナダ発!サバイバル日記 TOP  >  イディオム >  Vol.15 「隣の芝生はいつも青い」は英語で?

Vol.15 「隣の芝生はいつも青い」は英語で?

こんにちわ。マークです。

今日は面白いことわざを紹介します。


「隣の芝生はいつも青い」の英語版があるのを皆さんご存知でしょうか?


The grass is always greener on the other side


grass
(芝生、草)


greener 
(緑の、青々とした→greenの比較級)


on the other side 
(~の反対側に、その一方で、その反面)


私は最初この言葉を同僚から聞き、


え?どういう事?


となり、しばらく沈黙しました(笑)日本のことわざ「隣の芝はいつも青い」はもちろん知っていましたが、同じ意味で使われているフレーズが英語にもあるという事を知らなかったのです。


やはり他人の持っている物は何でもよく見えますよね~。無いものは欲しがり、いざ同じものを手に入れたら、急に羨ましくなくなって昔のものをまた手に入れたくなったりしたり、


人間はわがままな生き物ですね(泣)


例文:

Melissa: I wish I could have an own business like you. You always go abroad, have a big house. You seem to have everything what I don't have.

(私もあなたみたいに自分のビジネスを持てたら良かったのに。いつも外国行っているし、大きな家もある。あなたは私の持っていないものを全て持っているわ)


Thomas: To be honest, I am always stressed out about my business. I spend most of my time at business meetings when I go abroad. Being a boss is not easy at all Melissa. Sometimes I wish I could have a family like you have. 

(正直いうと、いつも私は自分のビジネスに対してストレスを感じているよ。外国へ行くとき自分の時間はほとんど会議に使うしね。ボスになるっていうのは簡単じゃないんだよ、メリッサ。私だって君みたいな家族を持てたら良かったのにと思うよ)


Melissa: The grass is always greener on the other side!

(隣の芝生はいつも青く見えるんだね)


That's all for today! Take it easy!


カナダ発!使えるサバイバル日常英会話 - Facebook」こちらも合わせて応援よろしくお願いします!

[ 2017年11月07日 06:00 ] カテゴリ:イディオム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

まなぶ

Author:まなぶ
筆者: まなぶ
2007年から約一年Australia のCairnsに留学をし、海外に魅了され、2009年にCanadaのVancouverに移住。学生から始まり、アルバイトやボランティア活動に精を出し、様々な経験を重ね、現在カナダの会社で働く一児のパパ。2010年に国家資格TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages) 取得。

ご質問、悩みなど下記のメールアドレスにどんなことでも結構ですのでご連絡ください。

survival-eikaiwa@gmail.com

ランキング
目指せトップ10!クリックお願いします! ↓↓↓